作品検索結果詳細

志ん板猫のおしへぐさ シンパンネコノオシエグサ

志ん板猫のおしへぐさ 

拡大して見る

作者名 作者未詳
作者名ヨミ
代表明細・シリーズ名称 志ん板 猫のおしへぐさ
落款等備考
制作者備考
印章等 年月
印章注記 亥九
時代区分 明治8年
西暦 1875
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 おもちゃ絵 教訓画
内容2 教訓こま絵 動物 教訓 擬人画
内容3

追加情報

おもちゃ絵のこま絵だが、内容は物語ではなく教訓である。
「猫のおしへ草」とあり、擬人化した猫に親孝行や礼儀などさまざまな場面での人の道を教えさとしている。おしへ草とは教材を指し、いわば猫による道徳教育の教訓こま絵である。
1段4面で、4段あり計16場面に教えをまとめてある。右上の「親へはよく孝養をつくすべし」に始まり、その下「女の悋気をたしなむ(める)べし。」その左、「世界はよくつきあふべし」「めしつかいにはよく目をかけるべし」などとあり、最後の左下は「子にはよく教へべし」である。各場面とも、擬人化した猫でよく表現してある。子どもより若者向きの内容が多い。
文字がよく読めないが、全体に若者への教訓こま絵と思われ、明治初年の教育的しつけの様子を読み解く事が出来る。
緑や赤の地色に書かれた文字は判読できない。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵