作品検索結果詳細

僧正坊牛若丸 ソウジョウボウウシワカマル

僧正坊牛若丸 

拡大して見る

作者名 周麿   (河鍋 暁斎)
作者名ヨミ チカマロ   (カワナベ キョウサイ)
代表明細・シリーズ名称 牛若丸(仮)
落款等備考
制作者備考
印章等 版元
印章注記
時代区分 文久3年
西暦 1863
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 武者絵 英雄豪傑
内容3 牛若丸 烏天狗 僧正坊 大天狗・小天狗

追加情報

京の鞍馬寺にあずけられた牛若丸(義経の幼名)が、夜になると鞍馬の奥・僧正ヶ谷に行き、大天狗・僧正坊のもとで武芸に励んだ場面である。
右側の白ひげで独鈷を持つ大天狗が僧正坊で回りには烏天狗(小天狗)たちがひかえ、たき火が焚かれている。中央では、桜の下で扇と竹刀を手にした牛若丸が鳥天狗たちと立ち合っており、二人(二羽)を同時に打ちのめしている。左側は、打ち負かされた天狗で、夜空に三日月がかかり、満開の桜が散っている。当時、
五条橋とともに鞍馬山は、牛若丸の名場面で、国芳をはじめ国貞・国綱・芳年(3点とも公文所蔵)などが三枚続に描いている。これは暁斎が周麿を名乗った若き時代の力作である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵