作品検索結果詳細

頼光大江山之図/頼光大江山之圖 ライコウオオエヤマノズ

頼光大江山之図/頼光大江山之圖 

拡大して見る

作者名 重宣   (歌川 重宣)
作者名ヨミ シゲノブ  (ウタガワ シゲノブ)
代表明細・シリーズ名称 頼光大江山之図
落款等備考 重宣画
制作者備考 藤慶
印章等 版元
印章注記
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判3枚続
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵
内容2 伝説 説話 武者 英雄豪傑 酒呑童子物語
内容3 大江山 四天王 頼光 上﨟(じょうろう) 山伏姿  住吉大明神 岩屋

追加情報

「酒呑童子物語」で、源頼光と四天王、平井(藤原)保昌が、大江山の鬼の住処(すみか)へ向かう場面である。老翁(ろうおう:神の化身)の案内で山を登った一行は、谷川に出た所で、老翁に告げられた通り、血染の衣を洗濯する上﨟(じょうろう:高位の女官)に会い、鬼の宮殿の門への道を教えられる。
左の女性は、鬼の衣を洗濯させられている上﨟であり、都から鬼にさらわれてきた者で、頼光たちに道を教えている。男たちは、左から渡辺綱、坂田金時、源頼光、平井保昌、碓井貞光、ト部季武、そして杣人(そまびと)の姿をした住吉大明神である。住吉大明神は、石清水八幡、熊野権現とともに、一行の守護神であり、ここまで道案内をしてきたが、ここで分かれる。頼光たち一行は山伏の姿をしているが、笈に鎧冑を忍ばせている。背景は、滝流れ雲湧く嶮しいしい山中で、左手には鬼の岩屋も見えている。
酒呑童子物語の前半での名場面の一つである。嶮しい山中を背景に血染めの衣を洗う美しい上﨟(じょうろう)と頼光たち一行を対比させ、鬼退治前の緊張感をよく表現している。
歌川重宣は歌川広重(初代)の弟子で、師の後を継ぎ、安政六年に二代広重となる。これは重宣の時代の作品で、名主両印のあることから弘化4年(1847年)~嘉永5年(1852年)の作品である。 
山伏は頭巾(ときん)を頭にかぶり、篠懸(すずかけ)と呼ぶ麻の衣を羽織り、金剛杖を手に、笈を背負っている。       

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵