作品検索結果詳細

日本花図絵 花咲の翁 昔話 /日本花圖繪 花咲の翁 昔話ニホンハナズエ ハナサカノオキナ ムカシバナシ

日本花図絵 花咲の翁 昔話 /日本花圖繪 花咲の翁 昔話

拡大して見る

作者名 月耕  (尾形 月耕)
作者名ヨミ ゲッコウ (オガタ ゲッコウ)
代表明細・シリーズ名称 日本花図絵:日本花圖繪
落款等備考 月耕
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 明治32年
西暦 1899
形態 大判
種別1 木版浮世絵 
種別2 錦絵 [木版画]
種別3
内容1 物語絵
内容2 昔話 おとぎ話  花咲爺
内容3 花咲爺   桜    殿様

追加情報

尾形月耕は安政6年の生まれで、明治のさし絵画家、浮世絵師、そして日本画家として活躍した。この「日本花図絵」シリーズに関しては資料がなく、他にどんな作品があったか不明だが、日本の代表的な花を取り上げ、その花をめぐる伝説や故事をからめて描いたと思われる。この図は桜であり、昔話の「花咲爺」から、枯木にみごとな花を咲かせた場面を描いている。
大木に登った正直な爺さんが、欲張り爺さんに燃やされた臼の灰をまくと、枯木に花(桜)がいっせいに咲く。下では、殿様の行列が歩みを止めて見物しており、床几に座って眺めていた殿様も大喜びのようだ。背後には田んぼが広がり、さらに遠景には高山がかすみに浮かんでいる。なお、この話の発端は正直爺さんの愛犬による「ここ掘れワンワン」で、宝物の発掘から欲張り爺さんとの対比で物語が展開する。
江戸後期から昔話は絵草紙や豆本、さらに浮世絵にもなり、子どもたちに愛好されるが、明治期の浮世絵では金太郎以外は数が少なく、この作品は貴重である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵