作品検索結果詳細

金太郎尽 正月キンタロウヅクシ ショウガツ

金太郎尽 正月

拡大して見る

作者名 芳艶   (一英斎 芳艶/歌川 芳艶)
作者名ヨミ ヨシツヤ   (イチエイサイ ヨシツヤ/ウタガワ ヨシツヤ)
代表明細・シリーズ名称 金太郎尽
落款等備考 一英斎芳艶
制作者備考 海老林
印章等 名主2 版元
印章注記 名主:衣笠・渡邊
時代区分 弘化4~嘉永5(名主二印)要確認
西暦 1847-1852
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 金太郎絵 年中行事絵
内容3 金太郎 豆まき 五節供(正月) 鬼 立春 節分

追加情報

金太郎を主役にした五節供と思われるが、七月のみ欠けている。金太郎は邪気を払う呪力のある赤体で描かれるが、芳艶は、輪型をつけ、より力強さを表現している。五節供には、それぞれに、除災ないし招福出世の願いがこめられている。
正月の場面は新年の社殿で豆撒きをする金太郎である。金太郎は烏帽子(えぼし)に弁慶格子の裃という礼装で豆をのせた三方をかかえ、力強く豆を撒いている。手前には赤鬼、青鬼があわてて逃げようとしている。旧暦では節分(立春)は、正月元旦前後であり、室町時代から始まったとされる豆撒きが江戸後期には広く行われていた。社殿上部には、注連縄が見られる。
金太郎を主題にした五節供と思われる.
・五枚揃のうち1枚(七月)のみ未収集であるが、これは秋の草花である萩と藤袴の見られる野で、金太郎が大蛇を退治する図だ。とぐろを巻く巨大な蛇と大まさかりを手に闘う金太郎が見事に描かれている。
・芳艶は国芳の門人で師同様に数多くの金太郎絵を残しているが力感あふれる本シリーズはその代表作といえよう。
・なお、本シリーズは12月揃の可能性もあるが、今のところ五節供の月以外は未見である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵