作品検索結果詳細

武田上杉川中島大合戦の図/武田上杉川中嶋大合戦の圖  カワナカジマダイカッセンケンシンンゲンタチウチノズ

武田上杉川中島大合戦の図/武田上杉川中嶋大合戦の圖  

拡大して見る

作者名 国芳  (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ  (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 武田上杉 川中島大合戦の図
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考
印章等 改 版元
印章注記
時代区分 弘化頃
西暦 1844-1848
形態 大判2枚続
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵
内容2 武者 英雄豪傑  3枚続のうちの2枚か
内容3 川中島合戦 武田信玄 山形三郎兵衛 原大隅守 直江山城守兼継 武田左馬助信繁

追加情報

武田信玄・上杉兼信による名高い「川中島の合戦」図である。川中島での両雄の合戦は五度に及ぶとされるが、これは両雄が激突した永禄四年九月の第四回の場面である。
本来は3枚続きで、左面の上杉兼信が欠けている。中央には、諏訪法性の冑をかむり、鎧の上に緋の法衣をまとった武田信玄が床几に座し、迫り来る上杉謙信をにらんでいる。その上部では、この戦で戦死した信玄の弟、武田左馬助信繁が懸命に防戦する姿が見られる。
右面では、武田軍の山形三郎兵衛、原大隅守が奮戦している。原は信玄に太刀をあびせる謙信の馬を槍で刺し、信玄の危地を救ったとされる。その後方の対岸では、上杉方の直江山城守兼継の戦う姿もある。
川中島の合戦は江戸時代には頼山陽の詩「鞭声粛々夜河をわたる」などで、庶民にも子どもにもよく知られる名勝負であった。浮世絵にも数多く描かれているが、本品は國芳の作だけによく雰囲気を描写しており、左面を欠くのが残念である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵