作品検索結果詳細

本朝文雄百人一首 更科姫  ホンチョウブンユウヒャクニンイッシュ サラシナヒメ

本朝文雄百人一首 更科姫  

拡大して見る

作者名 国芳  (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ  (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 本朝文雄百人一首
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 村鉄
印章等 名主1 板元
印章注記
時代区分 天保14年から弘化3年頃
西暦 1843-1846
形態 小判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵
内容2 説話 昔話 
内容3 母と子(山姥 金太郎)  更科姫  鹿之助  熊  まさかり

追加情報

更科姫といえば信濃戸隠山に住む鬼女で、能の「紅葉狩」があり、歌舞伎踊りにもなっている。しかし、国芳のこの更科姫は何を出典にしたか不明である。図は「山姥と金太郎」と類似しており、戸隠山の鬼女を山姥に見立てたようだ。
蓬髪をなびかせて菊の花を手に立つ更科姫と、まさかりを手に熊にまたがる鹿之助である。子どもが赤い肌であることも金太郎と同様で、怪童であることを示している。左上にこま絵があり、青海波などの文様に文字をのせてある。
更科姫を山姥に、その子 鹿之助を金太郎に見立てて描いた珍しい作品。
本朝文雄百人一首更科姫(さらしなひめ)
楽岩寺右馬之助女(らくがんじうまのすけむすめ)にて 相木森之助(あいきもりのすけ)が妻なり天性美艶(びえん)にして、倦(あく)までつよく優にやさしき一女人なり 牧島大九郎の奸計(かんけい)に落入り身を山中にかくし 森之助がわすれがたみの子を育る鹿 猿 日々に来り これを助く 後 山賊の徒になり 種々(さまざま)のかんくを経て 再び森之助に逢ふて 終に本望をたつす 後に 此子 鹿之助と名乗る

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵