作品検索結果詳細

四天王大江山入之図/四天王大江山入之圖  シテンノウオオエヤマイリノズ

四天王大江山入之図/四天王大江山入之圖  

拡大して見る

作者名 二代 国貞 (一壽斎 國政/二代 歌川 国貞)
作者名ヨミ 2ダイ クニサダ (イチジュサイ クニマサ/2ダイ ウタガワ クニサダ)
代表明細・シリーズ名称 四天王大江山入之図
落款等備考 一壽斎國政画
制作者備考 蔦屋吉蔵
印章等
印章注記
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵
内容2 説話 伝説 英雄豪傑
内容3 大江山 酒呑童子 四天王 坂田公時 渡辺綱 卜部季武 碓氷貞光 平井保昌 源頼光 

追加情報

「酒呑童子」物語のクライマックス、頼光と四天王たちが岩屋で鬼の首をはねた場面であるが、雲に乗った翁姿の神が現われ、光を発して頼光の手助けをしている。
中央で頼光が鬼(酒呑童子)の首を斬るが、首は落ちずに宙を飛んで頼光の胄にかみついている。鬼の朱色の衣から頼光が浮き出て、右には虚空を掴む鬼の黒い手火があり、その前後に渡辺綱と平井保昌がいる。右面では、坂田公時が鬼の手下どもを退治しており、上部には雲に乗った翁(神)が光を発している。左面では、ト部季武と碓井貞光が奮戦中だが、貞光(車輪紋)の右の青鬼は、ボタンのついた鎖帷子(くさびかたびら)の服を着ており、西洋人のイメージと考えられる。
左奥には、さらわれてきた姫君・女宮たちもいる。床には巨大な鉄棒があり、かがり火が岩屋の壁を照らし、入口には御簾が下げてある。赤鬼・青鬼の持つ刀や槍は中国風に描いてある。
「酒呑童子」物語の鬼の首斬りであるが、嘉永年間になると日本近海に異国戦が現われ、英艦隊の中国攻撃も伝わり、浮世絵にも異国人への恐怖が織り込まれるようになった。
・本図の翁は、一人で二人の童子をともなっている。御伽草子では頼光たちは大江山への途中で三人の翁に会い、鬼の岩屋へ先達をしてもらい神便鬼毒酒(じんべんきどくしゅ)を授かる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵