作品検索結果詳細

昔噺猿ケ島/ 昔咄さるがしま ムカシバナシサルガシマ

昔噺猿ケ島/ 昔咄さるがしま 

拡大して見る

作者名 作者未詳
作者名ヨミ
代表明細・シリーズ名称 昔噺猿ケ島 昔咄さるがしま
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 安政末~慶應頃
西暦 1860-1867
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 昔話 風刺絵
内容3 猿ヶ島 桃太郎 猿かに合戦 昔話

追加情報

幕末の風刺絵の一つで、右岸の桃太郎の横には紀州みかんがあり、桃太郎は紀州徳川家から安政5年に第14代将軍になった徳川家茂を示すと思われる。いかにも弱々しい表情で描かれ、長州などの攘夷運動に苦慮する様子を暗示している。左岸には「是よりさるが嶋」とあり、勇ましい大猿に多数の猿たちが従っている。これは長州か。
右岸には桃太郎を守るように、犬、キジ、ウサギ、虎、魚などの動物を中心に、みかん、栗、いも、そして糸切りばさみ、石臼などがいる。桃太郎、猿かに合戦など昔話から集めた軍勢である。左岸には、猿かに合戦のにくまれ役である猿が勢揃いし、いかにも強そうだ。背後の山には人気(ニン木)、移り気(ウツリ木)が生え、月が出て長久の和合となり、ありがたくも安心できることを願っている。
昔話の登場人物を使った幕末の風刺絵であり、あまり例のない貴重な作品。
背後の山 左から
 安心山、アリガタ木、月出瀧、和合社、長久山、ウツリ木、ニン木

左下の道標
 是よりさるが嶋

右上、題名
 昔咄さるがしま
幕末の風刺絵は、南和男氏など歴史学者によってその風刺内容、登場人物が示す実像が解明されているが、この作品はこれまで取り上げられていない。本格的な研究が待たれる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵