作品検索結果詳細

金太良三人兄弟 末子 キンタロウサンニンキョウダイ マッシ

金太良三人兄弟 末子 

拡大して見る

作者名 歌麿   (喜多川 哥麿/喜多川 歌麿)
作者名ヨミ ウタマロ  (キタガワ ウタマロ)
代表明細・シリーズ名称 金太良三人兄弟
落款等備考 哥麿筆
制作者備考 鶴屋喜右衛門
印章等 版元
印章注記 極印ナシ
時代区分 享和頃
西暦 1801-1804
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 金太郎絵
内容3 金太郎 山姥 酒器

追加情報

歌麿は数多くの金太郎絵を残したが、最大の特色は美しい山姥を取り入れ、一種の美人画にした点である。この作品は、金太郎を三人兄弟に仕立て、山姥と正月を楽しむ三枚組にしてあり、機知に富んだ揃物になっている。
三兄弟の末子(三男)だ。末子だけにまだ腹掛けをしており、髪もがっそうで中剃りのみが目立つ。腹掛けには金の字が染めてある。手に寿の字を書いた酒盃を持ち、母に酒をねだっている。母(山姥)は、瓶子(銚子)をかくすようにしている。この末子は、正月用の屠蘇を欲しがっているのだろう。
美しい山姥と金太郎を数多く残した歌麿の金太郎絵でも、異色の三枚揃。公文以外に、三枚揃って所蔵している所は知られていない。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵