作品検索結果詳細

少年歴史 目録 ショウネンレキシ モクロク

少年歴史 目録 

拡大して見る

作者名 寛方   (荒井 寛方)
作者名ヨミ ヒロカタ   (アライ ヒロカタ)
代表明細・シリーズ名称 少年歴史
落款等備考 寛方
制作者備考 滑稽堂
印章等
印章注記
時代区分 明治
西暦 1868-1912
形態
種別1 木版浮世絵 近代木版画
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵 子ども物語絵
内容2 歴史絵(伝説)
内容3 目録

追加情報

「少年歴史画」とあり、聖徳太子から徳川光圀まで、歴史上の著名人12人を選び、その少年少女時代のエピソードを格調高く描写してある。そのテーマは、父の仇討(曽我兄弟、日野邦光)、主君への忠誠(松平信綱、大友能直)、親孝行(亀松)、そして幼時からの大志(毛利元就)、胆力(光圀)、才智(菅公・紫式部・聖徳太子)となっている。
明治から昭和前期にかけては、子どもを対象に歴史教育が盛んに行われた。これは当時の著名画家による優れた歴史教訓画であり、選定された人物・エピソードにも時代の風潮を見ることができる。
・画家の荒井寛方(1878~1945)は明治から昭和前期まで活躍した日本画家である。水野年方に歴史画を学び、大正5年にはインドに渡ってアジャンタの壁画を模写、帰国後は仏画を描いたことで知られる。
・目録によれば全12点であるが、日吉丸と武田信玄(勝千代)が欠けている。
・「少年歴史」と名付けてあるが、多くは史実ではなく後世につくられた逸話である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵