作品検索結果詳細

少年歴史 聖徳太子 ショウネンレキシ ショウトクタイシ

少年歴史 聖徳太子 

拡大して見る

作者名 寛方   (荒井 寛方)
作者名ヨミ ヒロカタ   (アライ ヒロカタ)
代表明細・シリーズ名称 少年歴史
落款等備考 寛方
制作者備考 滑稽堂
印章等
印章注記
時代区分 明治
西暦 1868-1912
形態 大判ヨコ
種別1 木版浮世絵 近代木版画
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵 子ども物語絵
内容2 歴史絵
内容3 聖徳太子 童子

追加情報

目録には「聖徳太子十一歳にして三十六童奏一度に聞取る」とのみある。幼少時代からの頭脳の鋭敏さを強調したもの。これは平安中期に成立した「聖徳太子伝暦」にある伝説で「十一歳、一度に二十四人の言うことを聞きわけ」の人数を増やしてある。
右手にアシ原を背に赤い服の聖徳太子が立ち、左側の少年少女が口々に話しかけるのをじっと聞いている。聖徳太子および童子たちの髪型、服装、くつ、刀などは、日本最古の肖像画とされる8世紀前半の「聖徳太子二童子像」を参考にしたと思われる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵