作品検索結果詳細

金太郎 キンタロウ

金太郎 

拡大して見る

作者名 二代 歌麿  (二代 喜多川 歌麿)
作者名ヨミ 2ダイ ウタマロ  (2ダイ キタガワ ウタマロ)
代表明細・シリーズ名称 金太郎
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 文政頃
西暦 1818-1830
形態 中判
種別1 木版浮世絵
種別2 紅摺絵
種別3 疱瘡絵
内容1 子ども物語絵
内容2 疱瘡絵
内容3 金太郎 まさかり 猿 三方

追加情報

金太郎の疱瘡絵である。江戸時代には伝染病の予防法も治療法もなく、疱瘡(天然痘)にかかった際には、軽く済むよう護符に頼らざるを得なかった。そのために制作された浮世絵が疱瘡絵で、力持ちの金太郎や桃太郎、八丈島で疱瘡退治をしたとされる源為朝、それに中国伝来の鍾馗・達磨などが好まれ、疫病神退治に効果があるとされた赤色で摺られた。
巨大なまさかりを手にした腹かけ姿の金太郎が座り、前には裃姿の猪が、かしこまって背をかがめ、供え物を差し出している。裃の背には、龍の文様がある。丸々と太って大力のありそうな金太郎の側の三方には、正月飾り同様に、裏白や譲り葉の上に、小松をさした橙を載せてある。赤の濃淡二色で摺ったものだ。
二代歌麿による疱瘡絵の典型的な作品であり、力強い金太郎を描いている。二代歌麿は、文化四年頃から文政初期までが作画期とされるが、この前後の疱瘡流行年に疱瘡絵は多数刊行された。嘉永2年に種痘が導入されたが、しばらくは疱瘡絵も好まれた。絵柄では人物の他に、疱瘡が軽く済むように願って、軽い張子の犬やすすきのみみずくなども登場した。同様の伝染病に痲疹もあり、痲疹予防・治療の呪いを願った痲疹絵も多数売り出された。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵