作品検索結果詳細

曲亭翁精著八犬士隨一 犬飼現八 キョクテイオウセイチョハッケンシズイイチ イヌカイ ゲンパチ

曲亭翁精著八犬士隨一 犬飼現八 

拡大して見る

作者名 国芳   (歌川 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ   (ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 曲亭翁精著八犬士隨一
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 天保8年
西暦 1837
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語画
内容2 英雄豪傑
内容3 八犬伝 犬塚信乃

追加情報

江戸後期に滝沢(曲亭)馬琴が著して大人気を得た長編伝奇小説「南総里見八犬伝」の八犬士を描いた8枚揃である。武者絵の得意な国芳だけに1枚に1人を大きく描き迫力ある武者絵に仕上げているが、背景は2枚続きで、同一場面に登場した2人を扱った作品もある。八犬士は安房里見家の伏姫と聖犬八房の霊的な結合で生まれるが、別々に孤児として育ち、やがて「犬」の字の姓とそれぞれが持つ聖玉によって、悪との戦いのなかで次第にめぐり会い、助け合って活躍する。
犬飼現八である。安房の百姓糠助の子だが、足利成氏の家来・犬飼見兵衛に養われる。成氏から委譲された職を固辞したため投獄されていたが、その捕物柔術の力から、縄を解かれ芳流閣の信乃捕獲の命をを受ける。絵は鎖帷子をつけ、腰に太刀、手に十手を持った現八が、楼閣の瓦を踏みしめて信乃に向かって進む姿である。足元には捕手の一人がころがり、驚いた小鳥が飛び交っている。この「芳流閣」の場面は、八犬伝でも名場面とされ、国芳には三枚続の大捕物や、屋根の上下で信乃・現八が対峙する場面が知られる。
武者絵の第一人者である歌川国芳が滝沢馬琴の人気長編小説の主人公八人を描いた揃え物。物語の武者絵として迫力ある見事な作品であり、摺り保存とも良好な8枚が揃っており貴重。八犬士の活躍は、江戸の子どもたちにも知られていた。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵