作品検索結果詳細

頼光大江山帰陣の図ライコウオオエヤマキジンノズ

頼光大江山帰陣の図

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ   (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 頼光大江山帰陣の図
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 山口屋
印章等 名主2 年月 版元
印章注記 名主:村田 衣笠 年月:子四
時代区分 嘉永5年4月
西暦 1852
形態 大判3枚続
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵 物語絵
内容2 武者絵 伝説 説話 妖怪
内容3 大江山 四天王 酒呑童子 鬼の首 都への凱旋 源頼光帰陣

追加情報

能「大江山」や御伽草子「酒呑童子」で知られる、源頼光と渡辺綱、坂田金時など四天王による大江山の鬼退治の物語絵で、本図は鬼の首をかついでの京への凱旋の場面である。
左面の中央に巨大な鬼の首がかつがれており、歯をむき出した恐ろしい表情をしている。手前には牛車があり、上部では公家が座して迎えている。中央の画面では、馬上の源頼光と、よろい姿の従者が歩み、右面では平井保昌と四天王たちが馬に乗り弓矢を持って続く。画面の上下(道の両側)には、市女笠(いちめがさ)をかぶった壷装束の女性をはじめ、都の人々が見物に集まっている。
子どもにも人気のあった「大江山鬼退治」の凱旋場面で、武者絵を得意とした国芳の作品。
同じ国芳の大江山で「大江山酒呑童子」を公文で所蔵。
黒田日出男氏によると、
「よく見ると、源頼光と四天王や見物人たちの姿は、いかにも古めかしく描こうとしているが、鬼の首を担いでいる者たちの服装や恰好は江戸時代であり、首の担ぎかたも神輿を担いでいるような描きかたとなっている。これを見た江戸の人々は、天下祭りに登場した大江山の鬼の首を思い浮かべたのであろう。」
(「遊びや遊べ!子ども浮世絵展」図録より)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵