作品検索結果詳細

山姥・快童丸・桃太郎(仮)   ヤマウバ・カイドウマル・モモタロウ   (カリ)    

山姥・快童丸・桃太郎(仮)   

拡大して見る

作者名 三代 豊国 (三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ 3ダイ トヨクニ (3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 山姥・快童丸・桃太郎(仮)
落款等備考 國貞改二代 豊國画
制作者備考
印章等 名主1 版元印
印章注記 名主:普(普勝)
時代区分 弘化
西暦 1844-1848
形態 中判3枚続*
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵
内容2 金太郎絵
内容3 金太郎(快童丸) 山姥 桃太郎 板相撲

追加情報

金太郎と桃太郎が相撲をとっているが、ともに力持ちで武勇にすぐれ、鬼退治をするところから、子どもたちのヒーローであり、理想像であった。子どもが、二人のように育つよう、願いを込めた作品である。
中央が赤肌で金の字の腹掛けをつけた金太郎、左が白肌で桃の絵が入った衣の桃太郎、ともに丸々と太り、筋肉も発達している。押し合う二人の背後では、立てひざで座った山姥が板相撲のおもちゃを手に見守っている。板相撲は、板の胴体に足を取り付けてあり、両力士の手の部分にさした棒を動かすと、力士も組み合って動く仕掛けの玩具。
当時の人気絵師・国貞が桃太郎と金太郎の両者を組み合わせたユニークな作品。
桃太郎、快童丸(金太郎を指す)、山姥(金太郎の母)
国貞は弘化元年に豊国の号を継ぎ、二代豊国を名乗るが、文政期からすでに二代豊国はおり、現在では国貞は「三代豊国」として扱っている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵