作品検索結果詳細

大日本豪傑水滸伝 菅家 ダイニホンゴウケツスイコデン カンケ

大日本豪傑水滸伝 菅家 

拡大して見る

作者名 国輝   (歌川 國輝/歌川 国輝)
作者名ヨミ クニテル   (ウタガワ クニテル)
代表明細・シリーズ名称 大日本豪傑水滸伝
落款等備考 國輝画
制作者備考 清水屋
印章等
印章注記 版元
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども物語絵 人物画
内容2 貴族 天神
内容3 菅原道真 天拝山 祭文 雷神

追加情報

「大日本豪傑水滸伝 菅家」とあり、国芳の「水滸伝豪傑」の人気にあやかって、日本の豪傑を扱った揃物だが、何点出版されたか不明。この菅家は、太宰に流された菅原道真が、天拝山で天帝に身の潔白を訴える場面である。
太宰府の天拝山に登って身の潔白を天帝に訴える道真である。髪は乱れ、両手を固く組み無念の表情をしており、衣服は梅花文だ。左上の白い紙は道真の祭文で、空中高く飛んで梵天宮に至り、菅公(道真)は「天満大自在天神」になったとされる。死後にその霊は雷神となって猛威をふるうが、ここでもすでに黒雲と雷光が見られる。手前の若者は道真の子か。
子どもには学問の神様として知られる道真だが、ここでは恐ろしい怨霊神(雷神)となった天拝山の場面を、豪傑の一人して紹介してある。
大日本豪傑水滸伝(菅家)
*右上から左下に向かって翻字。
本朝の聖賢と称へられし御身も讒人の舌頭に罹り、太宰権帥に移され給ひ、その無念を晴し給はんと、書を捧で天帝へ訟へ給ふ。それを筑紫の天拝山といふ。
(小泉吉永氏翻刻)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵