作品検索結果詳細

風流十二月ノ内 小春  (十月) フウリュウジュウニカゲツノウチ コハル:10ガツ

風流十二月ノ内 小春  (十月) 

拡大して見る

作者名 国貞 (歌川 国貞/三代 歌川 豊国/香蝶楼 国貞)
作者名ヨミ クニサダ (ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ/コウチョウロウ クニサダ)
代表明細・シリーズ名称 風流十二月ノ内
落款等備考 香蝶楼國貞画
制作者備考 森屋冶兵衛
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 風俗画 子ども絵
内容2 美人画 母子絵 年中行事絵 こま絵
内容3 子ども(幼児) 育児(結髪) 巾着 ネコ 恵比須講 鯛 御神酒 渋紙 くし 季節(10月)

追加情報

「風流十二月」のシリーズ名で各月の風物に人物を配した揃物はいくつか見られるが、人物を子どものみにした揃物の代表が石川豊雅の作品であり、この国貞の作品は母子絵で描いた代表作である。画面上部に、各月の風物を描いたこま絵が入れてある。10月は恵比須講。
10月20日は恵比須講の日で、江戸の商家は商売繁盛を願って盛大にお祭りをした。子どもも母の手で、髪をきれいに切り揃えられ、あとは髷を結うばかり。でも退屈で、ひざの猫も逃げ出そうとしている。子どもの服の文様は水火もいとわない心意気を示す「鎌輪ぬ」であり、腰にはお守りと迷子札の入った巾着もつけてある。母は福をいっぱい呼ぶという蝙蝠(こうもり)の小紋だ。前には柿渋を引いた渋紙が広げてあり、さまざまなくし、はけ、はさみが置いてある。こま絵は、えびす様の神像と三方にのせられた御神酒徳利、それにおめでたい鯛。徳利には御幣を立ててある。
一年十二カ月の風物、行事に母子を配した名品。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵