作品検索結果詳細

浮世風俗子宝合 ウキヨフウゾクコダカラアワセ

浮世風俗子宝合 

拡大して見る

作者名 英泉    (渓斎 英泉)
作者名ヨミ エイセン   (ケイサイ エイセン)
代表明細・シリーズ名称
落款等備考 英泉画
制作者備考
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 文政~天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子
内容3 子育て 育児(おんぶ) 水盤 水鏡 金魚 石菖(せきしょう)

追加情報

「浮世風俗子宝合」とあり、当世(当時)の母子の風俗を描いた揃物の一枚と思われるが、他の作品は未詳である。同じ英泉の「当世子宝十景」同様に、母の愛情こまやかな育児ぶりが描かれている。
子を背負った母が、水盤のそばで立ち止まり、水面に愛児の顔を映している。水盤には子どものうれし気な顔が大きく映り、そばで金魚が泳ぎ石菖(せきしょう)が緑の葉を伸ばしている。母から背の子どもの顔は見えないが、水面に映った顔はよく見えている。空には大きな月が昇ろうとしている。このように母子が水鏡を楽しむ場面は歌麿に先行事例があり、ヨーロッパでも母子の愛情をよく表現しているとして絶賛された。
天保期には美人画への規制があり、母子絵は規制を逃れるために多くの絵師が手がけている。この水鏡に子どもを映す場面は、歌麿の作品にヒントを得たもの。歌麿の後世に与えた影響の大きさが読み取れる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵