作品検索結果詳細

いますがた なんにもしらず  イマスガタ ナンニモシラズ

いますがた なんにもしらず  

拡大して見る

作者名 昇雲   (山本昇雲)
作者名ヨミ ショウウン  (ヤマモト ショウウン)
代表明細・シリーズ名称 いますがた
落款等備考 昇雲
制作者備考 松木 平吉
印章等
印章注記
時代区分 明治42年
西暦 1909
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 年中行事絵
内容3 母(和装) 子ども(幼児) 育児(剃髪) 昼寝 玩具(犬張子 天狗の面 張子の虎 でんでん太鼓) 鯉のぼり

追加情報

「今すがた」は、美人大首絵の流れをくむ美人画であり、昇雲の美人画の代表作でもある。年令も少女から母親までさまざまで、母子絵もある。全体に日本情緒豊かな美人画であるが、なかには洋装美人もおり、明治らしいモダンさも感じられる。画面外枠に、風景などを描いた作品、白地のままのものがある。全体で50枚を越す揃物で、人気のあったことがうかがえる。彫り摺りとも微妙な線描、色調をよく理解している。公文では少女や母子絵を所蔵。
「なんにもしらず」とある。外枠の鯉のぼりから、初節供を迎えて母に頭をそってもらい、晴れ着の準備をする赤ん坊が、なんにも知らずに気持ちよく居眠りしていることを示している。江戸時代からの風習で、赤ん坊の産髪は一部を残してそっていた。でんでん太鼓、おしゃぶり、天狗の面、犬張子、首振り虎(張子の虎)など育児玩具や、子どもの健やかな成長を願った玩具を配してある。
明治期の美人大首絵の代表作。明治期のさまざまな年令、職業の衣装、髪型など、風俗がよくとらえれられている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵