作品検索結果詳細

子供あそひ ぬれつばめ コドモアソビ ヌレツバメ

子供あそひ ぬれつばめ 

拡大して見る

作者名 昇雲   (山本昇雲)
作者名ヨミ ショウウン (ヤマモト ショウウン)
代表明細・シリーズ名称 子供あそび
落款等備考 昇雲
制作者備考 松木 平吉
印章等
印章注記
時代区分 明治39年
西暦 1906
形態 大判横
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 子ども絵 風俗画
内容2 母子絵 日常生活 行楽 遊び(花見 女)
内容3 菖蒲園 かさ(赤いだるま ひょうたん 馬) ツバメ 蛇の目のかさ

追加情報

「子供あそび」は昇雲の子ども絵の代表作で、男女の四季のさまざまな遊びが描かれている。「四季のながめ」とちがい、登場するのは子どものみの作品が多く、母がいても背後で子どもを見守る存在だ。また男子の元気な遊びが多いのと、日露戦争を反映した遊び風俗が見られるのも特色だ。さらに四季の季節感とともに、天候・時刻なども巧みに表現してある。
小雨の菖蒲園を母(姉?)と4人の少女が散策しており、雨にけぶる空にはツバメが舞っている。蛇の目のかさにまじって、中央の少女は絵の入ったかさを持っているが、ヒョウタンから駒で意外な幸運を示すいっぽう、ダルマで地道な努力、辛抱を説いているようだ。このかさが、画面に変化を与えている。右欄外の欧文は、旧蔵者が外国人であることを示している。(要確認。コピーでは読めない)
明治後期の遊びを中心にした子ども風俗がよくうかがえる。特に男子の遊びには日露戦争の反映が見られる。多くの作品に欧文データ(題名・作者など)をつけてあり、外国人購入者を意識している。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵