作品検索結果詳細

現時五十四情 第四十九号(宿木)  ゲンジゴジュウシジョウ ダイ49ゴウ ヤドリギ

現時五十四情 第四十九号(宿木)  

拡大して見る

作者名 国周   (豊原 國周/豊原 国周)
作者名ヨミ クニチカ  (トヨハラ クニチカ/トヨハラ クニチカ)
代表明細・シリーズ名称 現時五十四情
落款等備考 豊原國周筆
制作者備考 武川 清吉
印章等
印章注記
時代区分 明治17年
西暦 1884
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵(明治)
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵 見立絵
内容3 姉妹と土地の男児(又は三人姉妹) 源氏物語(宿木)の見立て きのことり

追加情報

「現時五十四情」とは、「源氏物語五十四帖」になぞらえて明治の美人風俗を描いた54枚の揃物である。こま絵は、源氏香散らしの本を開いたところで、各帖の題と和歌が記され、本絵はそれにちなんだ明治風俗になっている。 
「源氏物語」宿木の帖で、薫が宇治に旅して詠んだ歌。ここにかつて姫君たちがおられ自分も泊まったのだという思い出がなければ、宇治の旅寝もどんなにか淋しいことだろうの意で、「宿りき」を「宿り木(ツタを指す)」にかけてある。薫はツタの紅葉がまだ残っているのを、京への土産に取るが、この絵では姉妹が土地の男児が取ったキノコを草に差し連らねたり、がごに入れたりして、家への土産にしようとしている。緑の森の彼方には田園が広がっている。
明治の母子風俗が描れているとともに、源氏物語が親しまれていた様子が分かる。
宿木
やどりきとおもひいでずばこ(木)のもとの
たびねをいかに淋しからまし
左頁 黄昏の そらを
    残しぬ 秋の山(要確認)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵