作品検索結果詳細

七變化子寶遊 春駒/七変化子宝遊 春駒シチヘンゲコダカラアソビハルコマ

七變化子寶遊 春駒/七変化子宝遊 春駒

拡大して見る

作者名 歌麿   (喜多川 哥麿/喜多川 歌麿)
作者名ヨミ ウタマロ   (キタガワ ウタマロ)
代表明細・シリーズ名称 七變化子寶遊/七変化子宝遊 春駒
落款等備考 哥麿筆
制作者備考 岩戸屋
印章等 版元
印章注記
時代区分 文化2年
西暦 1805
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 美人画
内容3 春駒 遊女 禿

追加情報

春駒を踊る娘と母にも見えるが、かんざしから母は遊女であり、娘も禿であろう。
歌麿晩年の揃物で、公文ではこのほか「軽わざ」、「金太郎」を所持している。禿は上位の遊女が側に置いた見習いの少女である。
台の上で鈴のついた春駒を手に踊る少女が大きく描かれている。髪は末を切りそろえて結ばない「かぶろ」である。画面下部には遊女の大首が配されているが、同じシリーズの「軽わざ」同様に、高い所から二人を見下ろした構図になっている。春駒は竹の先に馬の頭の作り物をつけたもので、新年の門付け芸、子どもの玩具、踊りの演目になっていた。これは鈴が沢山ついた舞踏用の手持ちの春駒である。
歌麿晩年の作品。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵