作品検索結果詳細

東都名所 道灌山虫聞之図  トウトメイショ ドウカンヤマムシキキノズ

東都名所 道灌山虫聞之図  

拡大して見る

作者名 広重   (歌川 広重)
作者名ヨミ ヒロシゲ  (ウタガワ ヒロシゲ)
代表明細・シリーズ名称 東都名所
落款等備考
制作者備考 (佐野喜)
印章等
印章注記
時代区分 天保12~13年
西暦 1841-1842
形態 横大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 風景画 子ども絵 風俗画
内容2 名所絵 母子絵
内容3 育児 道灌山 母と子 季節(夏 初秋) 虫聞 満月 虫かご

追加情報

風景画で知られる広重による「東都名所」(江戸名所)シリーズの1枚である。
広重は「東都名所」のシリーズ名で、何種類か出しているが、これは佐野喜版で
天保12年から嘉永期にかけて描かれており、34枚が知られる。道灌山は上野の
山の北に荒くれ地で、眺めがよく、また虫聞きの名所でもあった。
広大な田園風景の彼方、人家と樹林の背後から大きな満月が昇りはじめている。
道灌山では毛氈を広げて虫の音と満月を肴に酒宴を楽しむ男たちもいれば
虫かごを持った子どもを連れ、団扇を手に涼みがてらに虫聞きを楽しもうと山道を
登る女たちもいる。画面からも虫の音が聞こえそうで、江戸の人々の風流がうかがえる
作品である。道灌山は現在の東京都西日暮里。
江戸の人々は四季折々に風流を楽しんだが、虫聞きもその一つで、子どもが
虫取りや飼育を好んだ様子もうかがえる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵