作品検索結果詳細

縁むすひ 女夫評判  エンムスビ メオト ヒョウバン

縁むすひ 女夫評判  

拡大して見る

作者名 国貞 (五渡亭 國貞/歌川 国貞/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ クニサダ (ゴトテイ クニサダ/ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 縁むすひ 女夫評判
落款等備考 五渡亭國貞画
制作者備考
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 文政頃
西暦 1818-1830
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 美人画 こま絵(お歯黒)
内容3 育児(おんぶ) 母と子(幼児)  ネコ 五行(相性)

追加情報

縁むすび女夫評判とあるように、女夫(夫婦)の相性を五行説で占ってこま絵に記し
本絵は美人画になっている。
こま絵にはうがいの水が入った鉢を持つ女性が描かれ、足元にはお歯黒の道具が
置かれている。お歯黒には鉄片を使うので金、金から水を生ずるので相生(そうしょう)
金と水の男女は和合し幸福になるとされた。本絵は、背中の子どもが竹竿の先に紙片
をつけて猫をじゃらしていたが、猫が母の裾にからみついたので、かがみ腰になって
はだける着物をおさえる様をとらえたもの。母は赤いあられ小紋を着て、昼夜帯を
締めている。
おんぶされた子が、猫をじゃらす様子、道具が描かれており面白い。
こま絵は相性占いであり、5枚の揃物の1枚である。
こま絵「おはぐろのかね性 うがひの水性」

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵