作品検索結果詳細

春交加 鳥をひ  ハルノユキカイ トリオイ

春交加 鳥をひ  

拡大して見る

作者名 国貞 (五渡亭 國貞/歌川 国貞/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ クニサダ (ゴトテイ クニサダ/ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 春交加
落款等備考 五渡亭國貞画
制作者備考
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 文政4~5年頃
西暦 1821-1822
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 美人画 鳥追い(こま絵)
内容3 母と子(幼児) 育児(幼児) イヌ おしっこ

追加情報

こま絵には正月の風物(大神楽や猿まわし)が三重の四角形に描かれ、本絵には
さまざまな美人を登場させた揃物である。この作品のこま絵は正月に各家を訪ねる
門付芸の鳥追いであり、本絵は玄関先の母と子の情景だ。「春のゆきかい」とある
ように、多彩な正月生活を描いてある。
こま絵は男女二人組の鳥追いで、女は折編笠をかぶり三味線をひきながら鳥追歌を
うたっている。本絵は、子どもに小用をさせるため上がりかまちまで出て来た母だが
大きな犬がおり、子どもはこわがって母の首すじにすがりついている。正月らしさは
見られないが、母の子どもへの情愛はよく表現されている。
小用、犬という日常のありふれた場面での、母子の愛情こまやかな様子が
よく表現されている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵