作品検索結果詳細

海辺で遊ぶ子供と美人 ウミベデアソブコドモトビジン

海辺で遊ぶ子供と美人 

拡大して見る

作者名 英山  (菊川 英山)
作者名ヨミ エイザン  (キクカワ エイザン)
代表明細・シリーズ名称 〈海辺で遊ぶ子供と美人〉
落款等備考 英山筆
制作者備考
印章等 極 版元 (岩)岩戸屋喜三郎
印章注記
時代区分 文化8~11年
西暦 1811-1814
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 子ども絵
内容2 美人画 母子絵 日常生活(労働)
内容3 育児 母と子(少年 幼児) 海辺 労働 魚 地引網

追加情報

海辺の漁場に場を借りた美人画であり、母子絵である。
手前では裸体に赤い上衣を羽織っただけの子どもが立ち、その子のシンボルに
しゃがんだ子が手を伸ばしている。足元にはびく(魚籠)がある。子どもたちを見下ろす
母二人は、漁師のおかみさんらしく腰みのを付け、赤い抱え帯で裾をからげ、たすきを
かけている。左の母は、あねさん被りをして肩に鯛の入ったかごをかついでいる。しかし
漁村のリアリティはなく、あくまで美人画である。情景のみ砂浜で地引網を引く男たちと
遠くの岩場は写実的だが、網から飛びはねる鯛もオーバーな表現である。
漁村に場を借りた美人画、母子絵。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵