作品検索結果詳細

子供遊び まわりどうろ コドモアソビ マワリドウロ

子供遊び まわりどうろ 

拡大して見る

作者名 昇雲   (山本昇雲)
作者名ヨミ ショウウン  (ヤマモト ショウウン)
代表明細・シリーズ名称 子供あそび 子供遊び
落款等備考 昇雲
制作者備考 (松木 平吉)
印章等
印章注記
時代区分 明治
西暦 1868-1912
形態 大判(ヨコ)
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 風俗画 人物画
内容2 母子絵 遊戯画 遊び(回り灯籠 女)
内容3 母 子ども(女子 少女) 廻り灯籠 日常生活 季節(夏) へちま 巾着

追加情報

「子供あそび」は昇雲の子ども絵の代表作で、男女の四季のさまざまな遊びが描かれている。「四季のながめ」とちがい、登場するのは子どものみの作品が多く、母がいても背後で子どもを見守る存在だ。また男子の元気な遊びが多いのと、日露戦争を反映した遊び風俗が見られるのも特色だ。
夏の夜、軒につるした回り灯籠を四人姉妹が楽しんでおり、丸窓から身を乗り出した母が見守っている。回り灯籠には山高帽の神社や杖をついた老人、寿司を頭上にのせた行商人、それに犬も登場している。中央の少女は有松絞りの振袖に赤いぽっくり下駄だが、右の姉は急いで庭に出たのか庭下駄だ。左の妹は腰にお守りと迷い子の札が入れてある巾着をつけている。丸窓には右半分に、模様入りのすだれをかけてある。背後のへちまの棚には実がぶら下がっている。
明治後期の遊びを中心にした子ども風俗がよくうかがえる。特に男子の遊びには日露戦争の反映が見られる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵