作品検索結果詳細

子供あそび 春けしき コドモアソビ ハルゲシキ/ハルケシキ

子供あそび 春けしき 

拡大して見る

作者名 昇雲   (山本昇雲)
作者名ヨミ ショウウン  (ヤマモト ショウウン)
代表明細・シリーズ名称 子供あそび
落款等備考 昇雲
制作者備考 (松木 平吉)
印章等
印章注記
時代区分 明治
西暦 1868-1912
形態 大判(ヨコ)
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 風俗画 人物画
内容2 母子絵 遊戯画 遊び(野遊び 女)
内容3 [母] 子ども(女子 少女 姉妹) 季節(春) 川辺 桜 日傘(パラソル) 小袋

追加情報

「子供あそび」は昇雲の子ども絵の代表作で、男女の四季のさまざまな遊びが描かれている。「四季のながめ」とちがい、登場するのは子どものみの作品が多く、母がいても背後で子どもを見守る存在だ。また男子の元気な遊びが多いのと、日露戦争を反映した遊び風俗が見られるのも特色だ。
風もない春のおだやかな川原ですごす三人の少女が描かれている。右では花をつけた桜の大木の根元で、タンポポを持って座る姉に妹が足をのばして気持ちよさそうに寄りかかっている。左手では、年長の姉が一人はなれ、何やらもの思いにふけっている。土手には野草が咲き、日傘と小袋が置いてある。小袋には「娘同様にほころびやすく、傷つきやすいので、目が放せない」の意が込められている。川面にはいかだ、小舟、帆船が浮かび、春がすみの中に対岸の人家がうっすら見えている。
明治後期の遊びを中心にした子ども風俗がよくうかがえる。特に男子の遊びには日露戦争の反映が見られる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵