作品検索結果詳細

見立七婦子仁 えびす/見立七婦子仁 ゑびす  ミタテシチフクジン エビス

見立七婦子仁 えびす/見立七婦子仁 ゑびす  

拡大して見る

作者名 国芳   (朝楼斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ   (チョウロウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 見立七婦子仁
落款等備考 朝楼斎國芳画
制作者備考
印章等 名主1
印章注記 名主:渡邊
時代区分 天保14年~弘化3年頃
西暦 1843-1846
形態 間判(団扇)
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3 団扇絵
内容1 人物画 風俗画
内容2 美人画 日常生活 見立て
内容3 美人 子ども(幼児) 金魚釣り 恵比須 朝顔 なでしこ 弓たい 水槽

追加情報

「見立七婦子仁」とあり、七福人を美人と子どもに見立てた団扇絵のシリーズの「えびす」である。恵比寿さまは海から幸をもたらす神で、通常は大きな鯛を抱え、つり竿を持つ姿で描かれる。この図は日常の生活から、金魚つりを楽しむ幼児と姉を恵比寿さまに見立てている。中国では金魚は金餘と同音で、子どもが金魚をつかみ取る絵が吉祥画として好まれたが、その影響が感じられる。
廊下に置かれた大きな木の水槽から、姉と弟が金魚を釣り上げている。姉は島田髷で水色の振袖を着て、黒い帯を結んでいる。幼児は手に玩具「弓たい」を持っている。水槽では、大きな金魚が泳いでおり、手前の鉢にはつり上げた金魚が入れてある。背後には、鉢植えのなでしこと、支柱につるを伸ばした朝顔が満開である。題字のそばには、つった魚を入れる魚籠(びく)が置かれている。
江戸の暑い夏に団扇は欠かせなかったが、これは切り抜いて骨に貼ると美しい団扇になる団扇絵である。夏の姉弟による金魚つりに、季節の草花を配してあり、国芳らしい見事な団扇絵になっている。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵