作品検索結果詳細

有喜世之華  (亀戸天神) ウキヨノハナ コイ (カメイドテンジン)

有喜世之華  (亀戸天神) 

拡大して見る

作者名 春汀    (宮川春汀)
作者名ヨミ シュンテイ   (ミヤガワ シュンテイ)
代表明細・シリーズ名称 有喜世之華
落款等備考 宮川春汀
制作者備考 秋山武右衛門
印章等
印章注記
時代区分 明治30年
西暦 1897
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 風俗画
内容2 母子絵 日常生活
内容3 母 子ども(男子 少年:洋装) 鯉 太鼓橋 藤棚 池

追加情報

シリーズ名「有喜世之華」は、浮世の華であり、明治の当世風の美しい女性風俗を描いてある。公文で所有するのは、その中の母子絵である。
ここは学問の神様で知られる亀戸天神で、学業成就を願った母子が、社前の泉池で鯉をながめている。鯉は立身出世の象徴であり、黒い洋服に赤い長靴の男の子は、官吏か軍人の子であろう。背景には亀戸天神の名物である太鼓橋と藤棚が描かれている。亀戸天神は江戸時代から名所として著名な浮世絵師によって数多くの作品が残されており、それらと対比するのも一興である。
明治中期の美人風俗画であり、母子絵である。
何枚の揃物か不明だが、公文ではこのと、それにの3枚を所有。前表2枚はともに子どもが登場している。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵