作品検索結果詳細

百人一首絵抄 十七/百人一首繪抄 十七  ヒャクニンイッシュ エショウ 17

百人一首絵抄 十七/百人一首繪抄 十七  

拡大して見る

作者名 豊国    (歌川 豊国/歌川 豊國)
作者名ヨミ トヨクニ    (ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 百人一首絵抄
落款等備考
制作者備考
印章等
印章注記
時代区分 弘化頃
西暦 1844-1848
形態
種別1
種別2
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵
内容3 育児 百人一首 幼児 うちわ

追加情報

小倉百人一首は多くの浮世絵師によって題材とされ、美人画、役者絵、見立絵など
になっている。これは豊国三代(国貞)が、美人画見立にした揃物である。
母は絞り染めの着物を着て、子どもの腹掛けのひもを結び直している。
子が手に持つ団扇には紅葉の絵。
歌は美男子で知られる在原業平朝臣で、奈良県にある紅葉の名所
竜田川をよんだもの。竜田川の水流に落ちた紅葉が、川面を唐国
伝来の赤い色に染め上げる様子を、恋の想い出に託している。母も
若き日を想い出しつつ子の世話をしているのであろうか。
さまざまな絵師によって描かれた「百人一首」揃物の一つで、幕末の代表的な作品。
在原業平朝臣
ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川
からくれなゐに 水くくるとは

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵