作品検索結果詳細

風流十二月ノ内 文月  (七月) フウリュウジュウニカゲツノウチフミヅキ:7ガツ

風流十二月ノ内 文月  (七月) 

拡大して見る

作者名 国貞 (歌川 国貞/三代 歌川 豊国/香蝶楼 国貞)
作者名ヨミ クニサダ (ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ/コウチョウロウ クニサダ)
代表明細・シリーズ名称 風流十二月ノ内
落款等備考 香蝶楼國貞画
制作者備考 森屋冶兵衛
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 天保頃
西暦 1830-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 風俗画 
内容2 美人画 母子絵 年中行事絵 季節 こま絵
内容3 子ども(幼児) 育児(睡眠 就寝) 蚊帳 提灯 虫かご うちわ 寝ござ 棟瓦文 ツバメと雁文 

追加情報

「風流十二月」のシリーズ名で各月の風物に人物を配した揃物はいくつか見られるが、人物を子どものみにした揃物の代表が石川豊雅の作品であり、この国貞の作品は母子絵で描いた代表作である。画面上部に、各月の風物を描いたこま絵が入れてある。7月は初秋 文月、虫聞きの季節。
旧暦では7月から秋とはいえ、まだ暑さも続き、うちわも蚊帳も手放せない。寝入ったわが子をそっと抱き、蚊帳へ入れようとする母を色気たっぷりに描いてある。めくれた蚊帳から赤い枕と夏用の寝ござが見えている。母の藍染めの着物には天王寺の文字があり、棟丸瓦と棟平瓦が白く染め抜いてある。うちわは富士に白帆。こま絵はちょうちんと虫籠。ちょうちんには二月の着物と同じツバメと雁であるが、この季節はツバメが南への帰り支度で、やがて雁がやって来る。虫の行商も盛んであった。
一年十二カ月の風物、行事に母子を配した名品。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵