作品検索結果詳細

武蔵国調布の玉川  ムサシノクニチョウフノタマガワ

武蔵国調布の玉川  

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ   (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 武蔵国調布の玉川
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 佐野屋喜兵衛(佐野喜)
印章等 名主2 版元
印章注記 名主:濱 衣笠
時代区分 弘化4年~嘉永5年正月
西暦 1847-1852
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 風俗画
内容2 美人画 日常生活
内容3 衣打ち 調布(六玉川の一つ) 母 子ども 美人 臼 杵 布さらし

追加情報

「摂津の国擣衣の玉川」と同じく国芳による「六玉川」の一つ。この「武蔵の国調布の玉川」は「玉川にさらす手づくりさらさらに昔の人の恋しきやなそ」(拾遣集)の歌を描いている。玉川は東京都の多摩川、調布は地名になっているが、本来は調(ちょう)として官に納める手織りの布のことであり、川で布を晒(さら)す作業を読んでいる。衣打ちとも呼んだ。
中央の女性は臼でついた布を取り出しており、臼の後ろには杵をかついだ子どもがいる。左の女性は冷たい川に足を入れて、布を水洗いしている。白布をさらす二人の後ろには臼をつく二人組がおり、河原に布が伸ばしてある。左手には杖を手にした振袖姿の娘が見物している。その足元には、お供の女性がおり、笠が見える。背景には左右に茅葺きの家屋が並び、松並木越しに武蔵の山が見えている。
3枚続だが、一枚ごとに美女を一人ずつ配してある。
国芳は広い河原での冷たい布さらしの情景に、旅の美人を登場させ、3枚続の画面を巧みにまとめている。子どももさり気なく加えて、生活感を出している。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵