作品検索結果詳細

手習 五十三テナライ ゴジュウサン

手習 五十三

拡大して見る

作者名 三代 豊国 (三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ 3ダイ トヨクニ (3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 手習
落款等備考 豊國画
制作者備考 佐野屋喜兵衛(佐野喜)
印章等 年月 改 版元
印章注記 寅二
時代区分 安政元年2月
西暦 1854
形態 中判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 物語絵 子ども絵
内容2 手習い絵 母子絵 見立絵
内容3 母と子(少年) 手習い 習字 清書双紙 稲刈り

追加情報

「源氏物語」五十四帖の見立て絵揃物で、これは五十三「手習」。二人の男に迫られた浮舟は入水するが助けられ、小野の山里でつれづれにまかせて手習の時をすごす。手習いに励むことで心の安らぎを得ることを示している。歌は「山寺の門前の田の豊作を仏に祈れば、空しからず」の意で、稲も人も仏によって実りがもたらされることを詠んでいる。
座敷で文机に向かって手習に励む江戸の女性が、浮舟の見立てである。右の男児は前掛けをして「清書双紙」を持っており、女性に席を譲ったようで、手習帖は机に置かれたままだ。背後には、秋の稲刈りの様子が描かれているが、源氏物語にある「門田(社寺の門前や家の近くの田)の稲刈るとて」という風景である。右手の障子には蓮花が描かれており、浮舟の出家の決心を示している。
手習いで心の安らぎを得る様子を示し、源氏物語をやや教訓的に活用している。
手習(五十三)
山寺の門田ゆたけし祈りけん
仏のみのりむなしからすて
深川堂由多加
(小泉吉永氏翻刻)
公文には「源氏物語」関連では「空蝉」「乙女」もあるはず。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵