作品検索結果詳細

子供十二月 五月初節供  コドモジュウニガツ ゴガツハツセック

子供十二月 五月初節供  

拡大して見る

作者名 歌麿   (喜多川 哥麿/喜多川 歌麿)
作者名ヨミ ウタマロ   (キタガワ ウタマロ)
代表明細・シリーズ名称 子供十二月
落款等備考 哥麿画
制作者備考 若狭屋与一
印章等 版元
印章注記
時代区分 天明~寛政頃
西暦 1781-1891
形態 中判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵 年中行事絵
内容3 育児 五節供(端午) 鍾馗 幟

追加情報

子どもに関する年中行事をテーマにした揃物の五月。初産に男子に恵まれ
初節供に大きな鐘馗幟を広げる母と子である。歌にも、初産に男子を得た
妻の喜びが「鬼の首をとった心」と詠われている。
画面の半分を占める大きな五月幟に描かれているのは、中国の武将で玄宗皇帝を
悪鬼から守ったとされる鐘馗であり、日本でも魔除けの神とされ、髭面で剣を持った
恐ろし気な姿が飾られた。幟はまた半分しか開かれてないが、子どもは怖がって
母にしがみついている。母は左手で鐘馗を指し、説明しようとしている。後ろでは
女中が笑いをこらえながら眺めている。手前には、三方にのせ袱紗をかけた祝いの
品も届いている。幟の左には竿に通す「乳」がいくつも、付けてある。
鐘馗を飾って 端午の節供を祝う様子がうかがえる。
五月 駒 朝早

初産に
男子とは
まず鬼の首
とつた心で
かさ(ざ)る山入
落款に「哥麿画」とあるが、寛政6年以後は「哥麿筆」であり
それ以前の作品。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵