作品検索結果詳細

婦人手わざ鏡 仕立フジンテワザカガミ シタテ

婦人手わざ鏡 仕立

拡大して見る

作者名 国芳  (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ クニヨシ (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 山甚
印章等 名主1
印章注記
時代区分 天保14年~弘化3年
西暦 1843-1846
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 稽古絵 母子絵
内容3 育児(教育) 母と子(少女) 三味線 仕立物 綿入れ 火のし

追加情報

婦人が身につけるべき手仕事を示した揃物の一つ。これは仕立で、裁縫は女性が
担当する重要な家事であった。着物は季節ごとにほどいて洗い、仕立て直しを
行った。また少女の三味線も、江戸では高く評価された手わざの一つであった。
他にどのような手わざがテーマになっていたかは未詳。
手わざ 仕立の由来を神代から説いてある。綿入れを縫う母の手前には
炭火を入れた火のしがあり、子は三味線のけいこ。
婦人にとっての裁縫の重要性を知ることができる。
婦人手わざ鏡「仕立」
*仕立物の事は神代の巻に「天照皇太神、神機殿(かんはたどの)にて神小衣(かんみそ)を織せ給ふ」となり。其後、天武天皇の時、白鳳十三年、男女の衣服定まりたりしは凡千百六十年ほど□□
*本書に記載された年号からすれば、この記事は文政頃の作であろう。
(小泉吉永氏翻刻)
同じ国芳の関連した揃物に「幼童諸芸教草」があり、これには手習、仕立もの
膳などが取り上げてある。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵