作品検索結果詳細

当盛江戸鹿子 両国の景/當盛江戸鹿子 両国の景トウセイエドカノコ リョウゴクノケイ

当盛江戸鹿子 両国の景/當盛江戸鹿子 両国の景

拡大して見る

作者名 国芳  (一勇斎 國芳/歌川 国芳)
作者名ヨミ イクニヨシ  (チユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ)
代表明細・シリーズ名称 当盛江戸鹿子
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 有田屋
印章等 名主1 版元印
印章注記 名主:普(普勝)
時代区分 天保14年~弘化3年
西暦 1843-1846
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 美人画 こま絵(名所)
内容3 育児(遊び) 母 子ども(乳児) だっこ 名所(両国) 動物(カニ カメ 金蟹) 季節(夏)

追加情報

国芳の揃物で、こま絵に江戸各所風景を入れ、本絵は一人立の美人風俗
であるが、この作品は、子をだく市井の母を描いている。初夏の金魚売りが
扱う生き物がよく分かる。
こま絵は両国の風景で、周囲を赤い木枠で縁取りしてある。本絵は、子をだいて
下駄ばき姿で立つ母。母は大きな蛤文様の小袖に、格子の前垂れ、黒帯を
しめている。子は、赤地に花と糸巻きを白く染め抜いた着物。子どもが、夢中で
ながめているのは、初夏に売り出される金魚で、ひもでしばった亀もいる。
その奥の桶にはめだか、右のかごには赤手蟹がいる。
国芳の母子絵であり、初夏の季節感もよく出ている。
ほぼ同時期に国貞も「時世江戸鹿子」ないし「当世江戸鹿子」という揃物を
描いており、こま絵に風景、本絵にさまざまな美女を配している。
当盛は当世(現代)に同じ。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵