作品検索結果詳細

譬諭草をしえ早引 タトエグサオシエハヤビキ 

譬諭草をしえ早引 

拡大して見る

作者名 国芳   (一勇斎 國芳/歌川 国芳/画・柳下亭 種員/記
作者名ヨミ クニヨシ  (イチユウサイ クニヨシ/ウタガワ クニヨシ・リュウカテイ タネカズ)
代表明細・シリーズ名称 譬諭草をしえ早引
落款等備考 一勇斎國芳画
制作者備考 有田屋清右衛門(有田屋)
印章等 名主1 版元
印章注記 名主:高(高野)
時代区分 天保14年~弘化3年
西暦 1843-1846
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3    
内容1 人物画 子ども絵
内容2 母子 
内容3 母と子(乳児) 子育て(授乳) 玩具

追加情報

ち乳〉譬諭草(たとえぐさ)をしへ早引
俵乳あり、さしちゝ有(あり)、袋ちちあれば、紐に縁語の乳房といふ名のあるも宜(むべ)なり。宝づくしのふくろより、小児(こども)が為の延命袋、是を見すれば、手遊びの振鼓(ふりつづみ)より舌つゞみをうち、張子の鯛は味なしとすてん、布袋が座右の物ならねど、子をなづくる事、かくのごとし。

子の為にいく瀬かものをおもひ川
ふちよりふかきたらちねの恩
柳下亭種員記
一勇斎国芳画
(小泉吉永氏翻刻)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵