作品検索結果詳細

おつま八兵衛 恨鮫鞘 上/おつま八兵衛 恨●鞘オツマハチベエ ウラミノサメサヤ ジョウ

おつま八兵衛 恨鮫鞘 上/おつま八兵衛 恨●鞘

拡大して見る

作者名 国貞 (香蝶楼 國貞/歌川 国貞/三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ クニサダ (コウチョウロウ クニサダ/ウタガワ クニサダ/3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 おつま八兵衛/恨鮫鞘〈うらみの さめさや〉
落款等備考 香蝶楼國貞画
制作者備考 @版元印から伊勢屋利兵衛である。
印章等 極 版元
印章注記
時代区分 文政末~天保頃
西暦 1818-1844
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵
内容3 育児 母 子ども(乳児) 

追加情報

歌舞伎狂言および人形浄瑠璃の外題として知られる「お妻八郎兵衛物」の
八段目「鰻谷の段」を題材にしている。
右上に浄瑠璃本「お妻八郎兵衛」の表題が、この浮世絵の題名をかねて置かれている。
背景には、本の本文を開いて見せている。絵は、美人の母が赤ん坊の腕をとり、着物の
袖に通うそうとしているが、「鰻谷の段」とどのようにつながっているのかは未詳。
浄瑠璃本の独特の墨文字と色彩豊かな母子が対照的で、デザイン的にも面白い効果
を見せている。手前には手拭の上に巾着が置いてある。
浄瑠璃に題材をとった母子絵。
うなき谷の段

おつま
八兵衛 恨鮫(鮫)鞘

(上) 新板
時代は極印、香蝶楼、国貞の三点から、文政10年以降、天保14年までの作品となる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵