作品検索結果詳細

子がへしする人の結末 コガエシスルヒトノケツマツ

子がへしする人の結末 

拡大して見る

作者名 国明  (歌川 国明)
作者名ヨミ クニアキ  (ウタガワ クニアキ)
代表明細・シリーズ名称
落款等備考 応需 國明画
制作者備考 若狭屋与市
印章等 年月改 版元
印章注記
時代区分 文久2年
西暦 1862
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 間引き絵
内容3 育児(嬰児殺し) 地獄(閻魔大王 鬼)

追加情報

子がへしする人の始末
子かへしする人の顔を見たくは、此鏡にうつるを見よ。かほかたちはやさしくとも、心のすがたは此鬼よりもおそろしきありさまなり。此やうな女をつまにもつ男のこゝろは、さぞおそろしき事ならん。
天の人を生ずる事、人力の能及(よくおよぶ)処にあらず。一人、生を受(うくる)時は、其禄は天より与給ふ也。此理をしらずして、まづしきものは子供ゆへに困窮すると心得誤(あやまり)、孕(はらめる)うちに薬をもつて下し、生出て後は是を殺すゆへに、天禄もともに失て、いよ  まづしきに至る也。
いかにも天よりあたへ給ふ子なる事を弁(わきまえ)、心を尽して養育あるべし。殊に当郡にては、養(やしない)に乏しきものへは厚(あつき)御手当も下さるゝ事、余所(よそ)外(ほか)には稀なる御恵なり。其有がたきを考ても、いかにも  
慎恐(つつしみおそる)べき事なり。

応需 国明画
社倉育嬰構(講)中印施
(小泉吉永氏翻刻)

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵