作品検索結果詳細

幼稚苑 鯉とと/幼稚苑 鯉とゝ  ヨウチエン コイトト

幼稚苑 鯉とと/幼稚苑 鯉とゝ  

拡大して見る

作者名 周延    (楊洲 周延)
作者名ヨミ チカノブ   (ヨウシュウ チカノブ)
代表明細・シリーズ名称 幼稚苑
落款等備考 楊洲周延
制作者備考 [松木平吉]
印章等
印章注記
時代区分 明治38年
西暦 1905
形態 間判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵
内容2 母子絵 横判
内容3 母 子ども(乳児 幼児) 鯉のぼり(室内飾り)

追加情報

「幼稚苑」とあるが、幼稚園をもじったものと思われる。最初の幼稚園は明治9年に東京お茶の水に開設されている。しかし、このシリーズでは園児を描いたわけではなく、家庭での幼児の遊ぶ姿をとらえており、年令的には乳児から幼稚園年長程度まで登場する。多くが幼児のみであるが、母子絵もまじる。
「鯉とと」とあるが、ととは魚の幼児語であり、ここでは鯉のぼりを指している。鯉のぼりは端午の節供に、男児の出世、健康を願って飾られるが、これは小型の室内用である。縁起のよい分銅つなぎの着物をきた母が、赤い麻の葉文様を着た子どもを抱き、鯉を泳がせている。子ども着の袖口には、洋風のひだ飾りがついている。
明治後期の幼児の遊びや風俗を知ることができる。これは9枚であるが、本来は12枚揃と思われる。この9枚以外に、回り灯篭、おひなさまが知られる。
楊洲周延(天保9~大正1年)は、本名橋本直義で橋本周延とも呼ぶ。はじめ国芳、国貞、後に豊原国周の門人となり、美人風俗画を得意とした。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵