作品検索結果詳細

五色和歌 定家卿 赤  ゴシキワカ  テイカキョウ アカ

五色和歌 定家卿 赤  

拡大して見る

作者名 芳虎   (錦朝楼 芳虎/歌川 芳虎)
作者名ヨミ ヨシトラ   (キンチョウロウ ヨシトラ/ウタガワ ヨシトラ)
代表明細・シリーズ名称
落款等備考 錦朝楼芳虎画
制作者備考 和泉屋市兵衛(泉市)
印章等 名主2 版元
印章注記 名主:衣笠・濱
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 手習い絵 こま絵(定家) 美人画
内容3 美人 [姉] 子ども(少年) 手習い(習字) 家庭教育 源氏香 名頭

追加情報

藤原定家の五色(青・黄・赤・白・黒)の和歌にちなんだ揃物。こま絵には、歌に
読まれた風物を楽しむ定家が描れている。
本絵はいずれも母子絵で、母と子の日常生活を描いているが、こま絵・和歌との
関連はあまりない。
こま絵は秋の時雨どき、風に舞う紅葉を眺める定家である。本絵は、天神机にむかい
姉の手ほどきで手習に励む五、六歳の男の子である。机の上には、墨でまっ黒くなった
手習帖が広げられ、折り手本「名頭」には「源平藤橘、春夏秋冬」の字が読める。筆に
硯の墨をつける弟の手には、姉の手が添えられている。この姉の振袖は源氏香を白く
染め抜いてある。手習にはげんで、定家のような歌詠みになることを願っているようでも
あるが、この和歌と本絵とは特に結びつかない。
和歌と母子絵を組み合わせており、「読み書き歌の道」への町人の関心の高さが
うかがえる。
五色和歌 定家郷 赤
しぐれつる雲の日かけ(陰)にそめられて
もみち(紅葉)をおろす峯のこがらし
(小泉吉永氏解析)

『国歌大観』の表記
赤 時雨つる 雲も日影に 染められて
 紅葉をおろす嶺の凩

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵