作品検索結果詳細

五色和歌 定家卿 青  ゴシキワカ  テイカキョウ アオ

五色和歌 定家卿 青  

拡大して見る

作者名 芳虎   (錦朝楼 芳虎/歌川 芳虎)
作者名ヨミ ヨシトラ   (キンチョウロウ ヨシトラ/ウタガワ ヨシトラ)
代表明細・シリーズ名称
落款等備考 錦朝楼芳虎画
制作者備考 和泉屋市兵衛(泉市)
印章等 名主2 版元
印章注記 名主:衣笠・濱
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 人物画
内容2 母子絵 こま絵(定家) 美人画
内容3 育児 母 裁縫 子ども(幼児) 神楽遊び 和歌(定家)

追加情報

藤原定家の五色(青・黄・赤・白・黒)の和歌にちなんだ揃物。こま絵には、歌に
読まれた風物を楽しむ定家が描れている。
本絵はいずれも母子絵で、母と子の日常生活を描いているが、こま絵・和歌との
関連はあまりない。
こま絵は御簾の簾にかくれた葵(フタバアオイ)を眺める定家で、左手には川竹が
茂り、川面も見え、青の字を入れてある。葵と川竹の青がよく似ている様子をうたって
いる。本絵は獅子頭を頭上にかざし、神楽鈴を手に楽し気に踊る子どもと、それを
眺める母である。子どもの着物は軒丸瓦で、万福禅寺とか東福寺の文字も見える。
足元には太鼓とばちもある。母は裁縫箱の前で、青緑の格子模様の着物を縫って
おり、折しも歯で糸を切るところだ。バック全面には、小さな三角形を色に濃淡を
つけて散らしてある。
和歌と母子絵を組み合わせてあり、「読み書き歌の道」への町人の関心の
高さがうかがえる。
五色和歌〈定家卿〉青
★川たけの葉ごしの□いろにまがふかな
玉のすだれにかくるあふひは
錦朝楼芳虎画
(小泉吉永氏解析)

『国歌大観』の表記
青 川竹の葉ごしの色にまがふかな
 玉の簾にかくる葵は

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵