作品検索結果詳細

東風俗 福つくし  ふくはうち アズマフウゾク フクツクシ フクハウチ

東風俗 福つくし  ふくはうち 

拡大して見る

作者名 周延    (楊洲 周延)
作者名ヨミ チカノブ   (ヨウシュウ チカノブ)
代表明細・シリーズ名称 東風俗福つくし
落款等備考 楊州周延筆
制作者備考 武川 卯之吉
印章等
印章注記
時代区分 明治22年
西暦 1889
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 風俗画
内容2 年中行事絵 家庭風俗 母子絵
内容3 節分 豆まき 美人 子ども(少女 少年) 梅 老人 正月飾り 燭台

追加情報

「東風俗福つくし」とシリーズ名にあり、東京の明治中期の新風俗から、家族の福々しい場面を設定、「ふく」の付く言葉をあてている。福のつく言葉には造語やこじつけ、さらに同音の「吹く」や「服」も見られるが、当時の幸福(心の幸せ)で裕福(金持ち)な家庭の姿がうかがえる。
「ふくはうち」は「福は内」で節分の豆まきである。年男が「福は内、鬼は外」と唱えながら豆をまき、穀物の霊力で悪疫を退散させ、福を招く行事である。障子の手前では美しい母に教えられて男児が豆をまき、隣の部屋で女児3人が豆をひろったりしている。障子には老人が、力強く「鬼は外」と、庭に豆を投げている。部屋にはまだ、正月飾り(前垂注縄(まえだれしめなわ)があり、大きな燭台のろうそくに火が点っている。夕闇の庭に、白梅が浮かび上っている。
明治中期の母子を中心とする家庭風俗と、そのなかでの幸福感が読みとれる作品である。母と子の衣装や室内調度にも、江戸の継続だけでなく近代化の新しい要素がうかがえる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵