作品検索結果詳細

東風俗 福つくし  葡蔔  〈ほふく〉 アズマフウゾク フクツクシ ホフク

東風俗 福つくし  葡蔔  〈ほふく〉 

拡大して見る

作者名 周延    (楊洲 周延)
作者名ヨミ チカノブ   (ヨウシュウ チカノブ)
代表明細・シリーズ名称 東風俗福つくし
落款等備考 楊州周延筆
制作者備考 武川 卯之吉
印章等
印章注記
時代区分 明治22年
西暦 1889
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 風俗画 人物画
内容2 母子絵 美人画 日常生活 家庭風俗
内容3 母 子(乳児 幼児 女子) 育児(授乳) はいはい 姉娘 猫(ネコ) でんでん太鼓 鳩笛 おしゃぶり 結び文

追加情報

「東風俗福つくし」とシリーズ名にあり、東京の明治中期の新風俗から、家族の福々しい場面を設定、「ふく」の付く言葉をあてている。福のつく言葉には造語やこじつけ、さらに同音の「吹く」や「服」も見られるが、当時の幸福(心の幸せ)で裕福(金持ち)な家庭の姿がうかがえる。
「葡蔔(匍匐)」は、腹ばいになって進むことであり、ここでは授乳のため乳房を出した母に向かって、幼児が匍匐している。この子も背中に結び文をつけている。子の回りには、鳩笛、おしゃぶり、団扇型のでんでん太鼓、人形の下げられた洋傘などの玩具がある。母は裁縫をしていたようで、糸きりばさみ、物差しがある。庭に面した廊下からは、姉娘が猫を抱いて幼児を眺めている。庭にはバラの鉢植え、石灯篭があり、踏み石伝いに奥の座敷に続いている。遠近感がやや不自然。
明治中期の母子を中心とする家庭風俗と、そのなかでの幸福感が読みとれる作品である。母と子の衣装や室内調度にも、江戸の継続だけでなく近代化の新しい要素がうかがえる。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵