作品検索結果詳細

五節文章 弥生の文  ゴセツブンショウ ヤヨイノフミ

五節文章 弥生の文  

拡大して見る

作者名 春升   (歌川 春升)
作者名ヨミ シュンショウ (ウタガワ シュンショウ)
代表明細・シリーズ名称 五節文章
落款等備考 胡蝶園春升画
制作者備考 越前屋
印章等 名主1 版元
印章注記 名主: 田中
時代区分 天保14年~弘化3年頃
西暦 1843-1846
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 人物画 風俗画 子ども絵
内容2 美人画 年中行事絵
内容3 美人 子ども(幼児) 五節句(弥生 桃の節供 ひな祭り) はまぐり 菱餅 巾着 祝膳

追加情報

五節文章とあり、五節句【1月人日(1月7日)、3月上巳〔3月3日)、5月端午(5月5日)、7月七夕(7月7日)、9月重陽(9月9日)】ごとの手紙文の文例・書体を上部こま絵に示し、下部には五節供を楽しむ美人を配してある。節供は古くからあったが、江戸時代には幕府によって五節供が式日として定められた。この五節供揃物のうち、3月と5月には子どもが登場する。
状袋に「五節句文章 弥生の文」とあり、巻紙には「桃の御節句…」とある。絵は、中央に桜小紋の振袖を着て祝膳を持つ美人娘が立ち、右から幼児が振袖にすがっており、膳を欲しがっているようだ。幼児は宝づくしの着物で、腰には巾着をつけている。左の食卓には、大きなはまぐりが盛ってある。左奥がひな壇で、菱餅や祝膳が供えられ、椿などの花も生けられている。ひな人形は少し見えるだけだ。弥生三月の節供(せっく)は上巳(じょうし)の節供で、桃の節供、ひな祭りともいう。江戸ではこの時期に潮干狩が始まり、はまぐりが供えられるならわしだった。
五節句を題材とする5枚揃の浮世絵は多数あるが、単に行事を示すだけでなく、この作品のように各節供の手紙文を織り込んで実用性を加えたものは珍しい。歌川春升は天保~嘉永期の美人画家だが、作品が少なくその点でも貴重。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵