作品検索結果詳細

花のゑん日面売あきふど  ハナノエンニチメンウリアキウド

花のゑん日面売あきふど  

拡大して見る

作者名 国輝    (一雄斎 國輝/歌川 国輝)
作者名ヨミ クニテル   (イチユウサイ クニテル/ウタガワ クニテル)
代表明細・シリーズ名称 花のゑん日面売あきふど
落款等備考 一雄斎國輝画
制作者備考
印章等 名主1 版元
印章注記 名主:濱
時代区分 天保14年~弘化3年頃
西暦 1843-1846
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 子ども絵 風俗画
内容2 母子絵
内容3 母 子ども(男子 女子) 縁日 面 燭台 ほおずき 火消装束 弓張提灯

追加情報

「花のえん日面売あきふど」とあり、社寺の縁日に店を出したお面売りである。燭台に「あたり」の文字があり、射的や福引でお面をお当てる仕組みのようだ。母子とも晴れ着で、縁日を楽しんでいるが、この絵はお面売りに見せかけ、実は禁止された役者の似顔絵になっているという説もある。
壁に般若、きつね、朝比奈、三番叟、猿、三つ目などのお面がかけてあり、「あたり」をめざして「御ひいき」の客が来るのを待ちうけている。そこは来たのが三組の親子である。右の男子は「子供」と書かれた弓張提灯を持ち、火消装束で見得を切っている。中央の少女は縁日で買ってもらった鉢を持っており、お面を見入っている。左の少女は飾りのついた竿をかつぎ、その母は右手にたばねたほおずきを持っている。
縁日を楽しむ親子の様子がうかがえる。
花のえん日面売あきふど
一堆斎国輝画
御ひゐき
貞重改、国照画
御ひゐき
貞重改、国照画
□めとも はんにや きつね あさひな
げごふ?  ゑびす
三番さう さる 三ッ目 子供
大とく □□□□  □□□  ふく女
(小泉吉永氏鞍馬山武術之図
御曹司牛若丸、鞍馬山僧正ヶ谷にて小大海等と剱法を修行し、終に奥義を究めて、平家を亡し、会稽の恥を雪ぎて名を後世に揚玉ふ。
(小泉吉永氏翻刻))
国輝は歌川国貞の門人で、美人画、役者絵を得意としたが、子ども絵、教訓絵も手がけている。作画期は文政~安政で、弘化頃までは貞重を名のった。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵