作品検索結果詳細

雛女夫桃の細眉 ヒナメオトモモノホソマユ

雛女夫桃の細眉 

拡大して見る

作者名 三代 豊国  (三代 歌川 豊国)
作者名ヨミ 3ダイ トヨクニ (3ダイ ウタガワ トヨクニ)
代表明細・シリーズ名称 雛女夫桃の細眉
落款等備考 香蝶楼豊國画
制作者備考
印章等 版元
印章注記
時代区分 嘉永頃
西暦 1848-1854
形態 大判
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 風俗画 人物画 子ども絵
内容2 美人画 年中行事絵 源氏絵
内容3 五節供(ひな祭り) 子ども 組上絵 雪花文

追加情報

源氏絵仕立ての華麗なひな祭である。「源氏絵」とは、「偐紫田舎源氏」のさし絵(歌川国貞)がもとになって流行した。御所ないし大奥の風俗を、彩り豊かに描いた浮世絵である。この作品は、豊国三代になってからの国貞が大奥のひな祭りを描いたもの。
蒔絵のひな段の上に内裏びなが飾られ、その前に烏帽子(えぼうし)、直垂、長袴を着用した礼装の貴人と、しだれ桃模様の振袖姿の女性が立っている。その右には子どもの魔除けとされる犬張子(犬張子か犬箱かコピーでは不明)を持った奥女中がかしづいており、着物の文様は雪花文と雪持笹である。その後方では、子どもが座敷を組み上げている。おもちゃ絵には家屋敷の組上絵もあったが、これは組上絵とすれば特大サイズである。なお、貴人の袖には源氏の家紋である笹りんどうが染めてある。
源氏絵の雛祭りの中に、組上絵や雪花文が登場しており面白い。
源氏絵の大流行は天保の改革によって華美としておさえられるが、嘉永期に三枚続を中心に再度流行する。本品は、その後者の作品である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵