作品検索結果詳細

新板娘庭訓出世双六/新板娘庭訓出世雙六シンパンムスメテイキンシュッセスゴロク

新板娘庭訓出世双六/新板娘庭訓出世雙六

拡大して見る

作者名 英泉  (渓斎 英泉)
作者名ヨミ エイセン  (ケイサイ エイセン)
代表明細・シリーズ名称 新板娘庭訓出世双六
落款等備考 東都 渓斎英泉画
制作者備考 和泉屋市兵衛
印章等
印章注記
時代区分 弘化頃
西暦 1844-1848
形態 大判2枚貼
種別1 木版浮世絵
種別2 錦絵
種別3
内容1 絵双六 出世
内容2 ゲーム絵 教訓
内容3 女子 女性 生涯 職業 双六

追加情報

「娘庭訓」とあるように、家庭で親が娘に教えなければならない教訓をのべ、女性の出世の道を説いた双六である。「ふり出し」のところに「幼きときは、白き糸のごとし、ものに染まりて次第に色々になる。ふり出しを慎しむべし」とあり、少女期の家庭教育の重要性を強調している。よき花嫁、女房になるか、御殿務めが出世とされている。
「ふり出し、おどり小娘」とあり、ここで「一」がでると「きむすめ」に進み、続いて「一」だと「花嫁」、ここで「三」だと「手習師匠」になり、「四」で「御局」に出世する。「ふり出し」で「二」だと「おてんば娘」で、ここで「一」が出ると「飯盛り女」、次に「六」なら「はっち(乞食坊主)」に落ちる。「上り」は、裕富な家庭の「極楽隠居」で、おおくの女性たちにかしずかれている。その左右の枡目は、御殿仕えの「御局」「お中老」「お召し使い」と、上流商家の妻「御新造」となっている。
江戸時代の女性に対する教訓と同時に、当時の女性の職業に対する評価を見ることができる。
新板娘庭訓出世雙六
*振り出しと上がりを除き、下段右より上段への順に翻字。
東都 渓斎英泉画
江戸芝神明前三島町
和泉屋市兵衛板
【一段目】
○ふりだし    おどり子娘
①きむすめ   ②おてんば娘
③花よめ ④女房
⑤めかけ ⑥おめしつかひ
人うまれてをさなきときは、おやのそだてにありといへとも、たとへていへば、白きいとのごとし。ものにそまりしだいにて、いろ  になることゆゑ、うか  とはせましきなり。一代のふりだしをつゝしむべし。

○子もり
②火たきぼうこうのおさんどん
④いつかてゝなし子をうんで、おうばどん
⑥しとやかもので、おすゑ

○めかけ
②しあはせよく女房
④川だちは川でやりて
⑥こゝろだてがよくてごしんぞ

○おてんば娘
①そだちがわるくてめしもり女
③はすはものゆゑ、茶やをんな
⑤きりやうのぞみでめかけ

○茶屋をんな
②みもちあしければ、たこくへいつてめしもり
④はたらきをはなにかけて山のかみ
⑥としとりてやりて

○中ばたらき
②こぼんなうゆゑ、子もりになる
④ふしあはせ、ふうふわかれでおんば
⑥さうおうなところへ女房

○とりあげ
②とりあげがとしよりすぎてはつち
④口やかましいしうとめ
⑥金をためてはりいしや

【二段目】
○きむすめ
①きりやうのぞみで花よめ
②よき人の目にかゝりおめしつかひ
⑤よきゑんだんで女房

○花よめ
①いつかしうとめ
③としとつて手ならひしせう
⑤りはつものゆへごしんぞ

○やり手
②心がけあしく、はつち  とあるく
④かゝる子もなく、のりや
⑥ていしゆをおいどの下にしいて山のかみ

○のりうり
①こしがまがつて、ばつち
③ゐんがにや、めがつぶれてごぜ
⑤人に貰た子がりつしんして、おもひがけなくらくゐんきよ

○ごぜ
このところにはでることならず。めがふじゆうで、りやうぢきんをつかれ、おどり子かへり、あらたにふりたしでなをし。

○しうとめ
①よめやむすこをいびり出してはつち
③ぞんきものむぢひでとりあげ
⑤こゝろだてよく、らくゐんきよ

○女房
①りやうけんちがひのふしまつではつち
③おとなしきうまれゆへ、ごしんぞ
⑤げいゆへにごけになつて、手習ひしせう

○おすゑ
①ほうこうのむかしこひしき、山のかみ
③どういふいんねんでか、ちや屋をんな
⑤おめにとまつてすぐに中ろう

【三段目】
○おうばどん
②たび  のさんになれて、とりあげ
④のりや、
⑥子をたいせつにして、ごしんぞになる

○やまのかみ
②女のくせに大酒のみ、さけのうへわるく、のちはばつちぼうず
④ていしゆとてん  かせぎ、とりあげ
⑥きちがひじみたかんしやくもち、てうどやりてにもつてこい

○はりいしや
①わかいときからみもちがわるく、のりや、
③てならひしせう
⑤あまいははつちぼうず

○はつち
このところはでることならず、ゐすはりなり。されどもしまひには、そだてたむすめがしゆつせして、らくゐんきよさまよりこうりよくをうける。

○手習師匠
②はりいしやにはましだが、おはりさん
④おつぼねほうこう
⑥ちやのみともだちの女房

○めしもり女
②としよつて、やりて
④そうどくで、ごぜとなる
⑥こゝろがけがわるくはつち

○おはり
①ふしあはせで、はつちぼうず
③こゝろだてがわるくて、やりて
⑤山のかみのくされゑん

○おさん
②りちぎゆへ、なかばたらき
④てゝなしごで、おうばどんにでる
⑥うぢなくて玉のこしのごしんぞ

【四段目】

○おつぼね
①おつぼねをさがり、手ならひしせう
③しあはせわるく、のりや
⑤人からもかくべつ二度めのごしんぞ

○御しんぞう
①しうとめ
②はつち
③らくゐんきよ
④おはりさん
⑤はりいしや
⑥のりうり

○お中老
①しゆびよくおいとまをいたゞき、おいしやさまへ花よめ
②出世しておつぼね
⑤ごしんぞ
⑥らくゐんきよ

○おめしつかひ
②としひさしくつとめて、おつぼね
④こゝろだてがわるくつて、はつちぼうず
⑥よいお子をもつて、らくゐんきよ

○上り
万福長者極楽隠居
(小泉吉永氏翻刻)
遊び方「飛び双六」、ただし「ごぜ」「はっち」に来ると「でることならず」となる。
・現在では分かりにくい職業。「中ばたらき」→奥女中と下女の間で雑用をする女中。「とりあげ」→産婆。「やり手」→遊女のめんどうを見る女性。「ごぜ」→盲目の門付女性。「おすえ」→下女。「おうばどん」→乳母。「やまのかみ」→口うるさい妻。「はりいしゃ」→鍼医者。「はっち」→鉢坊主、乞食坊主。「めしもり女」→宿屋の非公認遊女。「おはり」→針仕事をする女性。「おさん」→台所仕事をする女中。
・女性が心がけ次第で幸、不幸、さまざまな一生を送るように、たくみに構成されているが、この双六にはお手本がる。それは「新販女庭訓振分双六」(東西菴南北作、勝川春扇画、若狭屋姉版)で、判形、内容構成、台詞ともほぼ同一である。ただ各枡目の絵が春扇の作品では女性の大首絵になっている。春扇は文政3年頃に春好二代をついでおり、この作品はそれ以前の作である。

原画貸出などの問い合わせはこちら

5,000円
から
まで

公文と子ども浮世絵

カテゴリで見る浮世絵